レキオスコラム 2020年10月号

「火災保険の内容は大丈夫ですか?」

今年はコロナ影響で今までの常識を破ることが続く中、早くも10月となりました。
以前今後の予測は色々と取りだたされていますが不透明です。
有事の事態に備えるのが保険ですが、大家さんの賃貸経営リスクの代表的な保険が火災保険です。
近年大規模災害は毎年のように発生しており、その影響により2021年1月より火災保険料金の値上げが行われます。今回の値上げで3年連続の値上げとなります。

沖縄県も今年も台風8・9・10号が毎週のように接近し被害が出ました。
今回の台風被害は、皆様の保険で対応出来たでしょうか?保険内容は築年数や資産状況の変化により適宜見直しが必要です。
新築当初から社会ニーズや災害確率等の変化に対応できない特約になっていないかを見直す時期だと思います。
物件室内での事故(自殺・孤独死)等に空室家賃を保証してくれる特約などは時代の流れを感じます。

保険料値上げは今後も予想されますので、加入の場合は長期契約をお勧め致します。1年当たりの保険料が安くなることと、途中で値上げがあっても現在の保険料で済みます。

一度専門家へ見直し相談をしてみてはいかがでしょうか?

2020年10月1日
カセイ有限会社 宮城裕